爆弾パーティ向けのモンスターとおすすめキャラ

目次

爆弾パとは?

状態異常の爆弾を中心に戦うパーティ

爆弾パとは、敵に付与する状態異常「爆弾」に主軸を置いた戦術である。デバフの爆弾は、設置後カウントが0になるとダメージを与える効果だ。爆発時、運がいいと敵をスタン状態にできるため、攻守両面で優秀なデバフである。

爆弾パの基本戦術

①免疫剥がし

バトル初手は敵の強化効果を解除できるモンスターが必要となる。理由は、敵の「意志ルーン」や「初手での免疫スキル」を解除するためである。言い換えると、剥がしキャラが免疫を解除出来なかった場合、その時点で負けが敗戦濃厚となる。

②攻撃強化+ゲージ増加

2番目に動くモンスターは、攻撃強化と味方の攻撃ゲージを増加できるキャラが望ましい。攻撃強化の有無は起爆時の与ダメージに大きく関わる。特に、アリーナには体力が高いモンスターが多く、Wルシェン対策として2万前後のダメージでは落としきれないモンスターが多く存在する。

攻撃強化は攻撃力が50%増加され、爆発ダメージにも効果が乗る重要度の高い効果と言える。また、攻撃バフには攻撃ゲージ増加とセットになっているモンスターも多くいるため、②攻撃強化→③爆弾付与→④起爆の流れがスムーズに行える点もメリットだ。

③爆弾付与

3番目に行動するモンスターは、爆弾を敵に付与するモンスターである。可能な限り高威力の爆弾をセットできるモンスターが望ましく、限界ギリギリまで攻撃力を盛ろう。アーティファクトにも爆弾の威力を高める「爆弾ダメージ+」が存在し、ほかには「攻撃力強化効果+」「スキル2or3効果的中+」辺りがおすすめとなる。

④起爆

最後に行動するのは起爆役のセアラとなる。爆弾の起爆には、海賊船長(火)カラックも可能だが、弱化効果解除が差し込まれないセアラの優位性は揺るがない。ほかにも「強化効果延長」効果を与えると、爆弾のカウントが減るため、0まで減らして起爆も狙える。

爆弾パのメリットとデメリット

爆弾パのメリット

敵の防御力を無視して戦える

爆弾パのメリットは、敵の防御力を無視して戦える点である。アリーナでは防御力が高くて厄介な風燕やタラニス、レオななどを相手にした時、爆弾が決まればあっさり倒せる。防御力を主体にするモンスターを積極的に刈り取ろう。

うまく決まると戦闘時間が短い

爆弾パのメリット2つ目は、バトル終了までの工数が短い点である。1~4ステップで勝敗が決するため、平日やアリーナガチ勢じゃない人にとっては、戦闘時間の短さは大きなメリットとなる。

爆弾パのデメリット

代役の効かないキャラが多い

起爆役のセアラを筆頭に、「このモンスターは第約が効かない」もしくは、「代役モンスターの質が低い」点が大きな課題となる。セアラを持ってないから爆弾パを諦めたって人も珍しくはないだろう。

抵抗の高い敵には向かない

爆弾パ最大の敵は、敵の抵抗となる。爆弾付与が抵抗されるとすべての行動が無意味となり、大きなスキが発生する。そのため、「プラハ」「ベリアル」「ジャンヌ」など効果抵抗を強化するリーダー防衛は、避けたほうが無難だ。

爆弾パは全てのパーティに通用する最強の矛ではなく、多くのパーティ相手に使える汎用性の高い編成となる。

弱化解除に弱い

爆弾は、弱化効果に該当するため、弱化解除に弱い。特に「アークエンジェル(火)(水)」「ルル」「アメリア」「ライマ」「ポントス」「ヴェラモス」とアリーナで使用率の高いモンスターで対策される点が厳しい。さらに「ジュノ」の場合は、自身の弱化効果をターン開始時に全て解除+HP回復が強力であり、セアラでうまく起爆出来ないと詰む恐れもある。

Wルシェン対策で一緒にケアされる

爆弾パが苦手とするモンスターはWルシェン対策でも有効なモンスターが多い。例えば、アタッカーを蘇生させる「ヴァネッサー」や回復兼アタッカーの「ペルナ」仲間の蘇生をしつつ自分も生き残れる「タラニス」強化されてバグクラスに強くなった「ナナ」など、メジャーなモンスターを苦手とする。

爆弾パで攻めるときは、爆弾の火力を考慮して落としきれる相手を狙って攻めよう。

運ゲーである

最後に爆弾パ最大の欠点は運ゲーとなる点だ。爆弾の成功率は低くない。しかし、サマナーズウォーには抵抗保証が存在するため、どんなに効果的中を積んでも外れるときは外れる。心の安定のためにも、「外すときは外す」と割り切って次のバトルに移ろう。

爆弾パの役割別キャラ

起爆役

  

起爆役は、ほぼセアラが確定となる。攻撃速度リーダーを兼任しており、味方の爆弾役が漏らした敵1体に爆弾付与と起爆が主な役割だ。

星4モンスターではカラックが起爆役に向いているが、自身が爆弾付与を出来ない欠点を持ち、おすすめしづらいモンスターとなる。占領戦などでどうしても星4爆弾パが使いたい時に限定して選択しよう。

ニクスは、厳密には爆弾役ではない。ただし、デバフ付与の弱化効果を1ターン延長する効果を持ち、爆弾役と組ませると設置後1ターンで爆発の状況を作れる。そのため、免疫や弱化解除モンスターを挟まないパーティに対してはニクスも持っていれば選択肢となる。

剥がし役

     

複数存在するため、一部割愛爆弾パに採用する場合、最もおすすめなのは「ティアナ」である。理由は、敵味方確定で強化・弱化解除が可能な点が強力だからだ。剥がしキャラの中では基礎の攻撃速度が低い点をケアする必要があるが、確率が重要となる爆弾パにとっては、前段階の剥がしが確実に行える点が大きい。

爆弾付与

    

爆弾付与が扱えるモンスターで、特におすすめなのは上記5体。特に星5モンスターのジョンは敵1体に対しては爆弾のカウントを1で付与できるため、「敵のゲージアップ」や「免疫・バリアキャラ」に1ターンで付与すると、割り込み対策としても有効である。

星4モンスターも優秀だが、ここで想定するのは「爆弾パが苦手としている敵」を意識しよう。「ヴァネッサ」「ペルナ」が苦手なら「マラッカ」起爆までの時間が稼げる「シアン」殴り合いの泥仕合で有効な「リブリ」など、爆弾起爆後の展開や設置失敗した相手に有効なモンスターを選択しよう。

攻撃強化役

   

攻撃強化役には、ゲージ操作もできるモンスターがおすすめとなる。特におすすめなのは、シールドと同時に扱える「バステト」である。ほかのモンスターも一長一短だが、爆弾設置に失敗した後の展開が有利に戦える点が大きい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次