ペルナの評価と使い道

目次

フェニックス(火)ペルナの評価と基本情報

ペルナ
ペルナ

ペルナの評価

アリーナ・ギルバト評価9.0/10点
コンテンツ評価10.0/10点

ペルナの評価ポイント

行動するたびにパーティ全体のHPを回復する

ペルナはパッシブスキルの効果でターン獲得時に味方のHPを10%回復する。回復量自体はやや低めだが、毎ターンHP回復が発動するため、回復役として活躍する場面が多いモンスターである。

攻撃スキルの火力が高い

ペルナのステータスは攻撃力がトップクラスに高く、スキル2の必殺倍率が最大900%と高い攻撃力を活かせる点が強力。ヒーラー系のモンスターが陥りやすい回復できる「だけ」にならず、アタッカーとしての役割を持てる点の評価が高い。

ダンジョン攻略で役立つ攻撃力44%リーダー

ペルナのリーダースキルはダンジョンで有効な攻撃力44%リーダーである。ダンジョン攻略ではヴェルデハイルの攻撃速度リーダーが活躍しているが、一撃のダメージが求められる構成の場合ペルナが活躍する場面は多い。中でも異界ダンジョンにおいては、ほとんどのダンジョンのリーダーキャラとして採用できるスペックである。

倒されてもHP全快で復活する

ペルナの評価が高くなるポイントとして、倒されても蘇生できるため、粘り強い戦いが可能だ。アリーナで敵として対面すると、放置すると高い火力とHP回復が面倒で、倒しても蘇生が働くと二重の意味で厄介なモンスターである。

似た役割を持つモンスター

アベリオ

パッシブでHPを回復できる点はアベリオと共通。差別点としては、火力と蘇生での使いやすさはペルナの勝利。一方アベリオはHPの回復量の調整や行動の割り込みで優れておりそれぞれ長所と短所が一長一短となる。

アーマン

アーマン
アーマン

攻撃ヒット時クリティカルであればパーティ全体のHPを回復する特殊なクマ。クリ率に振る必要こそあるものの、毎ターンHP回復を行えるモンスターは希少。ゲームリリース当初は優秀なヒーラーがいなかったため、重宝する存在であったが、昨今では相対的に評価が落ち気味である。2次覚醒に期待しよう。

ペルナの基本情報

ペルナのステータス

属性
レアリティ星5
最大体力12345
攻撃力878
防御力439
攻撃速度114

ペルナのスキル

スキル1 アーケインブラスト

スキル効果
不思議なエネルギーで相手にダメージを与え、18%の確率で1ターンの間、スタンさせる。
スキルレベルの変化
Lv.2 ダメージ量+10%Lv.3 弱化効果発動率+10%
Lv.4 ダメージ量+10%Lv.5 弱化効果発動+10%
Lv.6 ダメージ量+10%Lv.7 弱化効果発動率+10%
Lv.8 Lv.9 

スキル2 フレイムノヴァ

スキル効果
圧縮された炎のオーラを爆発させて相手対象を攻撃し、強化効果を1つ解除する。相手の体力状況が良いほど与えるダメージが上がる。(スキル再使用可能まで4ターン)
スキルレベルの変化
Lv.2 ダメージ量+10%Lv.3 ダメージ量+10%
Lv.4 スキル再使用時間-1ターンLv.5 スキル再使用時間-1ターン
Lv.6 Lv.7 
Lv.8 Lv.9 

永遠の不滅(パッシブ)

スキル効果
毎ターン味方全体の体力を10%ずつ回復し、撃破されると炎の中から体力100%の状態で復活する。(効果自動適用)(スキル再使用可能まで12ターン)
スキルレベルの変化
Lv.2 スキル再使用時間-1ターンLv.3 スキル再使用時間-1ターン
Lv.4 スキル再使用時間-1ターンLv.5 スキル再使用時間-1ターン
Lv.6 Lv.7 
Lv.8 Lv.9 

リーダースキル

スキル効果
ダンジョンで味方モンスターの攻撃力が44%上がる。

ペルナのルーン考察

ルーンの種類

対人戦での使用を考えると暴走+意思ルーンの選択がおすすめ。ターン獲得時のアドバンテージが大きいモンスターのため、暴走ルーンはほぼ固定となり、スキル延長や忘却などデバフによる影響が致命的となるため、1ターン目の行動確保で意思ルーンも外せない。

ペルナのステ振り

最終的にはバランス型になるが、攻撃速度>体力>攻撃力>クリダメ>クリ率と複数のステータスが要求される。要求ステータスが多いため、全てに万遍なく振ることが難しいため、クリ率はアタッカーキャラと比較するとやや落とした数値になる場面が多い。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次