アンバーの評価と使い道

目次

バトルエンジェル(水)アンバーの評価と基本情報

アンバーの評価

アンバー
アンバー
アリーナ・ギルバト評価7.7/10点
コンテンツ評価8.5/10点

アンバーの強い点

パッシブ効果で耐久面に優れている

アンバーは、パッシブ効果の「相手対象にかかっている弱化効果1つにつき受けるダメージが5%ずつ下がる」の効果で、デバフの掛かった敵からのダメージを軽減できる。火力と耐久力両面で有効なため、パーティ編成時にデバフ付与できるメンバーと組ませて戦おう。

多段ヒットと持続ダメージで総合火力が高い

アンバーのパッシブ効果「弱化効果1つにつき対象の最大体力の2%ずつ、最大10%分の追加ダメージを与える。」は、1ヒットごとに計算されるため、仮に最大の10%追加ダメージ状態であれば、スキル1で20%、スキル2で30~40%の追加ダメージとなる。

ただし、追加ダメージの前提は、弱化効果の数が求められる。アンバー自身は、スキル2で大量のデバフを付与できるが、スキル1ではデバフ量が少ないため、アンバー以外に弱化効果を付与できるキャラが必要となる。

アンバーの弱い点

ボスにパッシブが一部無効

アンバーの追加ダメージは強力だが、ボスには無効となる。アンバーの活躍する「試練のタワー」では、ボス以外はサクサク倒せるが、肝心のボスは時間を掛けて戦う必要がある。

弱化効果を与えないと弱い

アンバーの火力は弱化効果の数に比例する。自身のスキルではスキル1がやや弱くデバフも速度低下のみだ。真価を発揮させるにはデバフ付与できる味方が必要なため、「ノラ」や「ジュノ」など、強化解除とデバフ付与を両立できるモンスターと相性が良い。

アンバーの基本情報

アンバーのステータス

属性
レアリティ星5
最大体力10545
攻撃力812
防御力626
攻撃速度104

アンバーのスキル

スキル1 スウィフトスラッシュ

スキル効果
相手を2回攻撃し、それぞれ30%確率で2ターンの間攻撃速度を下げる
スキルレベルごとの強化値
Lv.2 ダメージ量+5%Lv.3 弱化効果発動率+5%
Lv.4 ダメージ量+10%Lv.5 弱化効果発動率+15%
Lv.6 ダメージ量+15%Lv.7 
Lv.8 Lv.9 

スキル2 レイスピア

スキル効果
相手全体を3〜4回攻撃し、それぞれ50%確率で2ターンの間ミス発生率を上げて持続ダメージを与える。この攻撃は自分の攻撃速度に応じてダメージが上がる。(スキル再使用可能まで4ターン)
スキルレベルごとの強化値
Lv.2 ダメージ量+10%Lv.3 弱化効果発動率+10%
Lv.4 ダメージ量+10%Lv.5 弱化効果発動率+10%
Lv.6 スキル再使用時間-1ターンLv.7 
Lv.8 Lv.9 

スキル3 ナノビジョン(パッシブ)

スキル効果
相手から攻撃を受ける時、相手対象にかかっている弱化効果1つにつき受けるダメージが5%ずつ下がる。相手(ボスを除く)を攻撃する時、相手対象にかかっている弱化効果1つにつき対象の最大体力の2%ずつ、最大10%分の追加ダメージを与える。(効果自動適用)

スキル4 リーダースキル

スキル効果
ギルドコンテンツで味方モンスターのクリティカル率が33%上がる。

アンバーのルーン考察

ルーンの種類

暴走ルーン+反撃ルーンor意志ルーンがおすすめ。手数と速度が重要なため、暴走でターンを稼ぎ持続ダメージと追加ダメージで攻め立てよう。

アンバーのステータス

2番攻撃速度+4番体力+6番体力を推奨。弱化付与できる環境であれば、パッシブスキルで耐久力を確保できるが、素の耐久力は低めなため、ルーンで補強しよう。火力に盛るのも有効だが、スキルの倍率が高くなく、アーティファクトとパッシブ効果の追加ダメージで攻める方が攻守のバランスを取りやすい。

また、アンバーはライカを筆頭に多段攻撃に弱い的にも有効なキャラである。速度だけでは火力が不足するため、サブオプションで攻撃か、4or6番ルーンに攻撃%の選択も有効である。

アンバーの運用例

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次