【サモン日記】その38 トリプルメリアで良くないか?

目次

トリプルメリアを作成する意図

カイロスの事故を無くしたい

連続バトルが実装されてから、1回の事故が重く感じています。確率にすると、1000回に1回とかの確率かもしれませんが、10分に1回の頻度で「もう一回」を押す作業で「敗北したため」バトルを中断します。を見ると、結構なダメージに繋がります。そこで、コンセプトとしては「極限まで事故を起こさない編成」を目指してトリプルメリアを編成してみました。

作ってみた感想

周回速度は下がる

トリプルメリアは、敵の攻撃ゲージをガンガン低下させるため、ダメージを与えるタイミングがタトゥーの「焼却」に限定される。一応敵のターンでも行動自体は発生するが、頻度が極端に低い。そのため、ルシェン+メリアの組み合わせに比べると周回速度が遅めである。

ルーンの敷居は低い

トリプルメリアの最大の魅力は、ルーンの敷居が極端に低い点である。持続付与のための的中、敵の攻撃を耐えられる防御性能と、行動順の調整が完了すれば良く、「クリ率」や「クリダメ」を高めた高速アタッカーを必要としない。異界ルーンを中心に編成すれば、個のルーンの質は抑えめでも十分周回可能となる。例外として、タトゥーだけは、暴走ルーンで「焼却」が打てるタイミングを増やそう。

スキル上げはするベシ

トリプルメリアの特徴としては、効率よく敵全体に持続ダメージを与える点が重要となる。そのため、スキル2のレベルが低いと、全体攻撃の回数が少なく持続ダメージ付与のタイミングが下がる。また、ゲージ低下も安定周回に貢献する。そのため、Wメリアとは違って、トリプルメリアで固める場合は、スキルレベルも強化しておこう。

実際の運用

更迭と巨人周回

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる