【サモン日記】その37 雨師によるタラちゃん狩り

目次

スキル修正で雨師が使いやすくなった

使ってみてわかるスキル2の強さ

先日のスキル修正で雨師が良い感じに化けてくれました。具体的にはスキル2「泰山の錘」が雨師の最大HPの20%に変更となり、「アドルフの強奪」や「イカレスの闇の治療」と同様に固定でダメージを与えやすいモンスターへ強化されています。

今までの雨師と違いHPに振るだけでダメージを与えられるので、攻守ともに扱いやすいモンスターへと化け、持てる役割も増加しました。

雨師の修正で個人的に影響を受けたキャラ

タラちゃん狩りが可能に

タラニスは、一度倒すとビーストフォームで復活する特殊なモンスターです。蘇生時のHPは、ドルイドで倒せばHP30%状態、ビーストモードであれば15%での復活します。HP15%~30%の微妙な数値ながらもタラニスは防御が高く振られているため生半可な攻撃では倒しづらいのが現状です。

しかし、HP面で見ると体力振りでない限り25000前後になります。25000の場合、ドルイドフォームで復活時のHPが7500となり、体力寄せの雨師であれば「泰山の錘」の射程圏内。タラニスも雨師も「受け」を意識した編成で戦えるモンスターのため、比較的ぶつかる確率が高い編成です。

今までであればタラニス防衛に対して雨師をぶつけるのは場違いなイメージですが、スキル修正後の今であればかなり良い戦いが期待できる対戦カードへ変化しました。蘇生後のタラニスの対処に困っている人は一度雨師を使った編成をおすすめします。逆に、タラニス使いの場合、今まで以上にHPの振る必要が出てきたかもしれません。

ここでのタラニスのHPや雨師の火力は自身のルーンやランカーの数値を見て判断しています。必ずしも効果を保証するものではありません。アーティファクトやルーンセット次第で大きくズレる可能性があります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる