6月第二弾のヒーローダンジョンリターンズおすすめキャラは?

目次

今回のラインナップ

第二弾のヒーローダンジョンでは、デスナイト、マーメイド、魔剣士、暗殺者、ジャック・オ・ランタンの5体が対象となる。個人的におすすめしたいのは水のマーメイドだが、それぞれ活躍の場面が存在するラインナップとなる。

対象キャラの特徴

デスナイト

火デスナイト(アドルフ)は、スキル3「強奪」が目玉の特殊アタッカー。火力が自身の体力の30%と計算しやすくうまく運用できると黙龍へのカウンターキャラとして活躍が可能となる。「強奪」はクリティカルが発生しないため、クリティカルをトリガーとするキャラクターに対しても有効であり、回復能力は低いが水属性へのデコイとしての役割を持てるモンスターだ。

マーメイド

水マーメイド(テトラ)は、行動不能以外の弱化効果を減少させつつ、HPの回復を行う優秀なヒーラー。スキルは「マナバブル」と「エアシールド」の2種類だが、毎ターン発動するパッシブスキル「セイレーンズソング」が異常な強さを発揮する。

魔剣士

風魔剣士(ルピナス)は、死のダンジョンやタワーハードで役立つマイナーキャラ。攻撃対象の体力比例攻撃を持ちのため、タワーハードのボス戦では意外と役立つ面を持っている。現状では光のアイリスと、異界ダンジョン火でのラピス以外は活躍が難しいため、今回の選択肢では最もおすすめできないモンスターとなる。

暗殺者

光暗殺者(ナタリー)は、使い手の腕が試されるモンスターの1体。敵全体に対しての強化解除+敵を倒しきれるだけの火力を盛れれば、敵全体に沈黙を与えるため、バトルを大幅に有利に展開が可能。ただ、そこまで圧倒的な力量差がある相手なら、ナタリーじゃなくても問題なく倒せてしまう。スキル上げ素材としては優秀であり、レクシー(火)・ステラ(水)・イザベル(闇)を所有していればスキル上げのために選ぶのもおすすめとなる。

ジャック・オ・ランタン

闇ジャック・オ・ランタン(ダスキー)は、行動しなければ味方にシールド付与、自分にシールドが付与されるとダメージ50%アップとコンセプトが判りやすいモンスターとなる。シールド量は低く味方を守るには程遠いが、雷帝系の知識スキルとの相性は良好。スキル上げの素材としてはクリーピー(水)が優秀なため、スキル上げにほしければおすすめとなる。

今回選んだモンスター

暗殺者を選択

ナタリーが強くて選択!ではなく、レクシーのスキル上げ素材としてほしいための採用となる。レクシーやダスキーを1体も持ってない人はどちらかの確保がおすすめだが、今回はスキル上げ目的での選択がおすすめのラインナップとなる。単純に使いやすいのはテトラを推奨。

6/18追記

イカルサイクルにダスキーを足すと、あら不思議で審判向けのパーティが完成します。審判の攻略に困っている人にとっては救世主になる可能性もあります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる