ペナカの評価と使い道

目次

ガーゴイル(光)ペナカの評価と基本情報

ペナカの評価

アリーナ・ギルバト評価7.5/10点
コンテンツ評価6.0/10点

ペナカの評価ポイント

敵全体に対して挑発が扱える

ペナカの魅力はスキル2「アースストライク」の効果で敵全体に挑発を与えつつ、自身は石像化で被ダメージを抑えられる点となる。

挑発ターンは1ターンと短いが、石像化中に被弾すると、攻撃してきた相手のスキルを延長するため、挑発+スキル延長で相手は最大3ターンスキル2以上の行動が取れなくなる点が魅力となる。

競合キャラが多い

ペナカの欠点は、競合キャラが多いことである。挑発を扱うのであればジャンヌやウルシャー、マリート辺りが競合となる。

それぞれのモンスターに魅力的な点はあり差別化を図れるが、ペナカが特別輝くのは「ストーンクルー」で自らの防御力を強化し、壁役としての耐久性能を伸ばせる点となる。

ただし、最大強化まで時間がかかる上、強化している間相手ものんびりは構えていないため、長期戦向けのパーティ同士でぶつからない限り活かしづらい能力である。

似た役割を持つモンスター

ジャンヌ

敵全体を挑発の動きはジャンヌに似ている。差別点としては、スキル延長と自身が固くなれる「ストーンクルー」の存在。

石像化状態の場合、ペナカは被ダメージ軽減も入るためペルナやヴァネッサのような蘇生パッシブ持ちに対してはペナカが有効となる

マリート

行動を妨害する役割だけで見ると、マリートの方がおすすめとなる。理由は石化状態の時に攻撃を被弾すると、マリートは自身の再使用ターンを短縮する。

そのため、連続して「アースストライク」が使用可能となる。また、マリートは自身の防御力に応じたダメージを相手に与えることが可能である。反射ダメージでジワジワと相手の体力を削れる点も魅力となる。

ペナカの基本情報

ペナカのステータス

属性
レアリティ星4
最大体力9885
攻撃力505
防御力812
攻撃速度93

ペナカのスキル

スキル1 ストーンクルー

スキル効果
相手を攻撃して自分の防御力に応じたダメージを与え、30%の確率で1ターンの間スタンさせる。さらに自分の防御力を30%上げる。この効果は最大5回まで重複できる。
スキルレベルの変化
Lv.2 ダメージ量+5%Lv.3 ダメージ量+5%
Lv.4 ダメージ量+5%Lv.5 ダメージ量+5%
Lv.6 ダメージ量+10%Lv.7 ダメージ量+10%
Lv.8 Lv.9 

スキル2 アースストライク

スキル効果
防御力に応じたダメージを相手全体に与え、それぞれ80%の確率で1ターンの間挑発する。その後、自分の次のターン開始まで石像になる。石像状態では動けないが、行動不能に対して免疫となり、受けるダメージが30%下がる。石像状態が解除された時、自分の体力を10%回復する。(スキル再使用可能まで4ターン)
スキルレベルの変化
Lv.2 ダメージ量+10%Lv.3 弱化効果発動率+10%
Lv.4 ダメージ量+10%Lv.5 弱化効果発動率+10%
Lv.6 スキル再使用時間-1ターンLv.7 
Lv.8 Lv.9 

試練の石像(パッシブ)

スキル効果
石像状態で攻撃されると攻撃相手のスキル再使用時間を2ターン延ばす。ボス以外の相手はこの効果によって最大スキル再使用時間を超える場合がある。(効果自動適用)
スキルレベルの変化
Lv.2 Lv.3 
Lv.4 Lv.5 
Lv.6 Lv.7 
Lv.8 Lv.9 

リーダースキル

スキル効果
味方の光属性モンスターの体力が40%上がる。

ペナカのルーン考察

ルーンの種類

ペナカのルーンは防御力を強化するための守護3セット差しや、破壊ルーンで相手の体力を削るのも有効。更に味方を守るための保護ルーンなど複数の選択肢が存在する。

再使用ターンの長い「アースストライク」の短縮や、ストーンクルーの防御力強化を重ね掛けするための暴走ルーンが相性良く見えるが、石化状態を即座に解く可能性があるためおすすめできない。

スキル1を積む上で有効となる反撃ルーンも、石化状態では反撃が出来ない点に注意が必要となる。

おすすめは防御無視で責められた時用に保護+保護+意思辺りが扱いやすい。

ペナカのステ振り

挑発を活かすためには剥がしの次に動かして~と言うのがいつものパターンだが、ペナカの素の速度は93と低いので速度を強化せず、守備力と効果抵抗と効果的中、最後に体力を伸ばし、長所を強化した運用がおすすめ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる