今さら聞けない巨人ダンジョン攻略

目次

巨人ダンジョンとは?

巨人ダンジョンの特徴

巨人ダンジョンは、4つのマップで構成されており、2マップ目で中ボスが登場し、4マップ目がボス戦となる。周回する回数が多いダンジョンだが、攻略難易度は比較的優しいダンジョンとなる。

巨人ダンジョンで手に入るルーン

巨人ダンジョンで手に入るルーンは、「絶望」「元気」「猛攻」「刃」「迅速」の5種類となる。特に様々なコンテンツで有効な迅速ルーンと、試練のタワー攻略で活躍する絶望ルーンを求めて周回する機会が多い。

巨人攻略のポイント

敵の反撃に注意

巨人ダンジョンのボスは7回攻撃を受けると7回目に攻撃を行ったモンスターに反撃を行う。この反撃は条件を満たすと行ってくるため、多段ヒットを行うモンスターとの相性が悪い。

バフ・デバフを活用しよう

ゲーム内の情報にもある通り、ボスの防御力は高めに設定されており、攻撃が通りにくい。そのため、攻撃を通すために攻撃強化や敵への防御弱化が有効となる。

弱化解除がいると事故率が減る

ボスの右側には防御力弱化クリスタルが配置されており、防御弱化状態で攻撃を被弾すると、HPの低いモンスターは一気に戦闘不能になる可能性がある。火力が低くてボスと殴り合いが必要な場合は、弱化解除役を連れて行くと安定した周回が可能である。

低層階でルーン集め

巨人ダンジョンの難易度は回数が増えるごとに段階を踏んで難易度が上がる。そのため、いきなり10階・12階をクリアするのではなく、5~6階で星4ルーン、6~8階で星5ルーン、10階で星6ルーンをそれぞれ集めてから12階を目指すのが得策だ。

実際のプレイでは、イベントやアチーブメントで入手可能なルーンも活用できるため、5~6階まではサクサクすすられる。

火力不足は持続ダメージが有効

ルーンの性能が低い間はボスへのダメージも低い。さらにステータスを攻撃に振ると、その分他のステータスが足りなくなるため一長一短である。序盤攻略での火力不足を補うには、持続ダメージを中心とした編成がおすすめだ。手持ちが増えると環境が大きく変わるものの、ゲーム序盤は持続ダメージで攻めると安定した編成を作りやすい。

巨人攻略おすすめメンバー

巨人10階までおすすめメンバー

リーダー枠

リーダー枠としておすすめなキャラは調合で作成可能な星5モンスターヴェラモスである。パッシブスキルにて弱化解除が出来るため、弱化解除にターンを消費すること無くクリスタルからの防御弱化の対策が可能だ。

さらにポイントとして、リーダースキルが全キャラのHPを33%上昇させる。属性を指定しないため、パーティの属性がバラバラでも問題なく機能する点が優秀となる。

回復役

無課金で入手できる回復役として、扱いやすいのはベラデオンだ。スキル1には防御弱化、スキル2で敵の強化解除とスキルが無駄なく全て巨人に有効と優等生である。防御型のステータスを知ており、耐久面を盛りやすい面も魅力となる。日曜日の秘密ダンジョンで入手可能とお手軽に揃えられる点もおすすめの理由である。

バフ・デバフ役

バフ・デバフ役としておすすめなのはバナードである。シナリオマップのタモール砂漠にて入手可能であり、味方の速度ゲージ+速度UPのサポートや、防御弱化+攻撃弱化のサポートが優秀となる。

ゲージアップは味方の行動ゲージを上昇させるため、ヴェラモスの弱化解除の頻度上昇にもつながる。ボスの水属性に対し、有利属性を取れる点も大きく敵のステータス低下は事故防止に役立つため、安定周回に大きく貢献する。

サポート枠

主な役割は弱化解除とスキル短縮の「風の翼」が有効。味方の再使用時間を短縮するため、硬化の強力なスキル3を打ちやすくするメリットを持つ。

スキル1・2はあまり優秀とは言えないが、バナードの順風やベラデオンの「戦闘態勢」のクールタイム短縮は、パーティの安定性に貢献する。

デバッファー

マンチュラは敵に対して防御弱化・強化解除・速度低下・持続ダメージと複数の状態異常を扱える優秀なデバッファー。体力系モンスターであり、スキル2・3が体力比例のため、体力を伸ばしておけば事故を避けられる点が魅力。

攻撃速度低下は味方のターン確保に貢献できる点も重要なサポートである。

巨人攻略で使わなくなってもタワーやヒーローダンジョンと活躍の幅が広い有能なモンスターであり育成が無駄になりにくい面も魅力となる。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる